広島が6連勝、安部友裕が決勝打…阪神は痛恨の同一カード3連敗 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島が6連勝、安部友裕が決勝打…阪神は痛恨の同一カード3連敗

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
野球 イメージ(c)Getty Images 全 1 枚 拡大写真
広島は9月7日、マツダスタジアムで阪神と対戦。安部友裕内野手の決勝打により、6-4で勝利。同一カード3連勝、前のカードから6連勝を飾り、優勝マジックを8とした。

広島は0-3と3点ビハインドで迎えた3回裏、田中広輔内野手が今季第6号となる2点本塁打を放ち1点差に詰め寄る。2-4とリードを広げられて迎えた5回裏には、走者一、三塁の好機を作ると、丸佳浩外野手が適時打を放ち1点差。続く松山龍平外野の犠飛で同点とすると、安部には適時三塁打が飛び出し、5-4と勝ち越しに成功した。

投げては、2番手の九里亜蓮投手が今季7勝目。敗れた阪神は、先発の秋山拓巳投手が5回6失点と誤算だった。

《浜田哲男》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ