ラファエル・ナダル、全米オープン4年ぶり3度目の優勝に王手 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラファエル・ナダル、全米オープン4年ぶり3度目の優勝に王手

スポーツ 短信

準決勝でフアン・マルティン・デル=ポトロに勝利したラファエル・ナダル(2017年9月8日)
準決勝でフアン・マルティン・デル=ポトロに勝利したラファエル・ナダル(2017年9月8日) 全 2 枚 拡大写真
テニスの全米オープンは9月10日に男子シングルス決勝を行う。2017年の全米オープン決勝には第1シードのラファエル・ナダルと第28シードのケビン・アンダーソンが勝ち進んだ。

ケガから復活した今季のナダルは全豪オープン、全仏オープンで決勝に進出。全豪ではロジャー・フェデラーに敗れたが、全仏ではスタン・ワウリンカを破り自身の持つ最多優勝記録を10回に伸ばした。

今大会は順調に勝ち進み準決勝では、フェデラーを破り勝ち上がってきた2009年の覇者フアン・マルティン・デル=ポトロを4-6、6-0、6-3、6-2で圧倒。サウスポーの利点を生かして強力なフォアを封じようとするナダルに対し、バックハンドで待ち構えていたデル=ポトロ。バック側への返球は読まれていると見るやフォア側にも散らして、コートを広く使うことで難敵を攻略した。

「今日は本当に良いプレーができた」と喜ぶナダル。トーナメントに入ってからも好調を維持していると言う。

全米では2010年と2013年に優勝しているナダル。4年ぶり3度目の優勝なるか。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ