ラファエル・ナダル、完勝で全米オープン4年ぶり制覇「信じられない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラファエル・ナダル、完勝で全米オープン4年ぶり制覇「信じられない」

スポーツ 短信

全米オープンを4年ぶりに制覇したラファエル・ナダル(2017年9月10日)
全米オープンを4年ぶりに制覇したラファエル・ナダル(2017年9月10日) 全 4 枚 拡大写真
全米オープンテニスは9月10日に男子シングルス決勝を行った。第1シードのラファエル・ナダルが第28シードのケビン・アンダーソンを6-3、6-3、6-4で破って4年ぶり3度目の優勝を果たしている。

第1セットは互いにサービスゲームをキープするも、アンダーソンにミスが出たところでナダルがブレーク。そのまま最初のセットを奪った。

第2セットでもナダルの勢いは衰えない。ネットプレーも決めてアンダーソンのサービスゲームを破ると、リードを守ってこのセットも連取した。

第3セットでは最初のゲームでナダルがブレークに成功。アンダーソンに反撃を許さず押し切ってグランドスラム通算16度目の優勝を決めた。


今季は年明けの全豪オープンで準優勝。全仏オープンでは史上最多10度目の制覇を達成し、世界ランキングでも1位に返り咲くなど不調からの完全復活を印象づけた。

「私にとって特別な2週間でした。だけど、私のことについて話す前に、ケビンにおめでとうと言いたいです。多くの子供のお手本になるようなプレーだった。ケガからカムバックしたのも立派だと思う」

苦しい時期を乗り越えての栄冠に、「個人的には信じられないことです」とナダル。全豪オープンから非常に良いプレーができていると話し、「ニューヨークは私にとても大きなエネルギーを与えてくれます。ここの観客は信じなれないくらい素晴らしいです。彼らは私に幸せを感じさせてくれます」とファンの応援に感謝した。


ナダルの優勝にファンからは、「今季の四大大会をナダルとフェデラーで分け合うなど想像できた人はいなかったと思う」「BIG4の時代は終わらないな」「アンダーソンも勢いあるから接戦になるかと思ったけどナダル強すぎ」「まさに完勝でしたね」などの声が寄せられている。

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ