“昨季の痛手”を忘れていないバルセロナ、CL初戦でユベントスと再戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

“昨季の痛手”を忘れていないバルセロナ、CL初戦でユベントスと再戦

スポーツ 短信

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督(2017年9月11日)
バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督(2017年9月11日) 全 4 枚 拡大写真
バルセロナ(スペイン)のエルネスト・バルベルデ監督が9月11日に会見した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのユベントス(イタリア)戦を翌日に控え、昨季の雪辱を誓った。

前回大会でも準々決勝で顔を合わせた両チーム。バルセロナはラウンド16でパリ・サンジェルマン(フランス)相手に歴史に残る大逆転劇を完遂。ベスト8に勝ち進んだが準々決勝ではユベントスに2戦合計スコア0-3で敗れた。

【THE ATHLETE】6点取れる発言に込められたエンリケの覚悟と信頼、カンプ・ノウの奇跡は試合前から始まっていた

「ユベントスが力のあるチームなのは明らかだ。我々はまだ昨季の大会の痛手が消えてはいないし、彼らのビルドアップがどれほどうまいかも分かっている、相手はハイプレッシャーを掛けようとしてくるだろう。昨季はそうやってバルセロナを何度も難しい状況に陥れた。だから我々はそういう面に目を向けて、彼らに対処しようとしなければならない」

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ