阪神、巨人に5点差追いつかれ痛恨の引き分け…広島の優勝マジックが4に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神、巨人に5点差追いつかれ痛恨の引き分け…広島の優勝マジックが4に

スポーツ 短信

阪神甲子園球場
阪神甲子園球場 全 1 枚 拡大写真
阪神は9月12日、甲子園球場で巨人と対戦。序盤に5点リードを奪いながらも投手陣が踏ん張りきれず、5-5の引き分けに終わった。

阪神は初回、走者二、三塁の好機を作ると、福留孝介外野手が適時打を放ち幸先よく2点を先制。2回裏には、走者一、二塁の場面で、上本博紀内野手が適時打を放って3-0。続く好機に糸井嘉男外野手が適時打を放ち4-0。さらに福留にも適時打が飛び出し5-0とリードを広げた。

それでも先発の藤浪晋太郎投手が巨人打線につかまり、3回表に長野久義外野手のソロ本塁打で1点を返されると、4回表には亀井善行外野手に適時打を浴びるなど、1点差まで詰め寄られた。

迎えた9回表、阪神は守護神のドリス投手をマウンドに送るも、無死一、二塁のピンチを招くと、代打・橋本到に適時打を浴び、土壇場で5-5の同点とされた。

その後は延長戦に突入するも互いに決め手を欠き、引き分けに終わった。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ