中日、山井大介が6回1失点の好投…ヤクルトは投打ともに振るわず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、山井大介が6回1失点の好投…ヤクルトは投打ともに振るわず

スポーツ 短信

神宮球場(2017年6月18日)
神宮球場(2017年6月18日) 全 1 枚 拡大写真
中日は9月12日、神宮球場でヤクルトと対戦。先発の山井大介投手が6回1失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、8-1で勝利した。

中日は初回、2死二、三塁の好機を作ると、福田永将内野手が適時打を放ち幸先よく2点を先制。1点差に詰め寄られて迎えた3回表には、高橋周平内野手の適時打などで一気に4点を追加。終盤にも福田の今季第15号となるソロ本塁打などで効果的に加点した。

投げては、先発の山井がヤクルト打線を封じて今季2勝目。敗れたヤクルトは、先発の石川雅規投手が3回6失点を喫するなど、投手陣が崩壊した。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ