ヤクルトが中日との投手戦を制す…原樹理が7回1失点の好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルトが中日との投手戦を制す…原樹理が7回1失点の好投

スポーツ 短信

神宮球場(2017年6月18日)
神宮球場(2017年6月18日) 全 1 枚 拡大写真
ヤクルトは9月13日、神宮球場で中日と対戦。先発の原樹理が7回1失点の好投を見せ、2-1で投手戦をものにした。

ヤクルトは初回、2死二塁の好機を作ると、山田哲人内野手が適時打を放って1点を先制。3回裏には満塁の好機で、山田が適時内野安打を放ち2-0とリードを広げた。

投げては、先発の原が中日打線を封じて今季3勝目。敗れた中日は、ヤクルトよりも多い9安打を放ちながらも、好機を生かせなかった。

《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ