【10月4日プロ野球全試合結果】日本ハム・大谷翔平が今季初完封、楽天はロッテと引き分けで3位決定、DeNAが中日との投手戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【10月4日プロ野球全試合結果】日本ハム・大谷翔平が今季初完封、楽天はロッテと引き分けで3位決定、DeNAが中日との投手戦を制す

スポーツ 短信

プロ野球全試合結果
プロ野球全試合結果 全 1 枚 拡大写真

日本ハム、4番・投手で先発の大谷翔平が今季初完封…オリックスは打線が沈黙


日本ハムは10月4日、札幌ドームでオリックスと対戦。4番・投手で先発した大谷翔平が9回10奪三振無失点の快投を見せ、3-0で勝利した。

日本ハムは0-0で迎えた4回裏、1死満塁の好機を作ると、大田泰示外野手が走者一掃の適時二塁打を放ち3-0と幸先よく先制。その後は無得点に抑えられるも、先発の大谷がオリックス打線をわずか2安打に封じて今季初完封。3勝目を挙げた。

敗れたオリックスは、先発の金子千尋投手が9回3失点の好投を見せるも、打線が援護できなかった。



楽天、ロッテと引き分けで3位決定…土壇場で追いつくも勝ち越せず


楽天は10月4日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦。土壇場で追いつくも勝ち越しはならず、延長12回に及んだ戦いは1-1の引き分けに終わった。

楽天は0-1と1点ビハインドで迎えた9回表、走者一、二塁の好機を作ると、聖澤諒外野手が適時打を放ち土壇場で同点。その後、両チームともに好機を演出するもあと一本が出ず、最後まで決めてを欠いた。

楽天は先発の岸孝之投手が7回1失点、ロッテの先発・二木康太投手は8回無失点と好投を見せたが、双方ともに打線が援護できなかった。

この試合を引き分けで終えた楽天は3位が確定。2位西武とのクライマックスシリーズ・ファーストステージは、西武の本拠地・メットライフドームで開催されることになった。



DeNAが中日との投手戦を制す…濱口遥大が今季10勝目


DeNAは10月4日、横浜スタジアムで中日と対戦。先発の濱口遥大投手が7回1失点の好投を見せ、2-1で勝利した。

DeNAは1-1の同点で迎えた5回裏、細川成也外野手が今季第2号となるソロ本塁打を放ち勝ち越しに成功。その後は中日の継投の前に打線は振るわずも、先発の濱口が中日打線を封じて今季10勝目を挙げた。

敗れた中日は、プロ初先発となった阿知羅拓馬投手が7回2失点と好投を見せるも、打線が援護できなかった。

《浜田哲男》

≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

関連ニュース