桐生祥秀、土屋太鳳からの「ステキ」に「帰りたい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

桐生祥秀、土屋太鳳からの「ステキ」に「帰りたい」

イベント スポーツ

桐生祥秀と土屋太鳳
桐生祥秀と土屋太鳳 全 6 枚 拡大写真
女優の土屋太鳳と陸上男子100メートルで日本人初の9秒台を達成した桐生祥秀選手が5日、東京・原宿でアシックス原宿フラッグシップのオープニングセレモニーに参加した。

先月9日に出した9秒98の数字が金文字で刻まれたTシャツ姿で登場した桐生に、土屋は「す、素敵」と瞳キラキラ。陸上部出身だけあり「9秒98を出した瞬間を見ました。私とは同じ距離とは思えないくらいの速さで…素晴らしい!」と尊敬のまなざしで桐生選手を見つめると、当の桐生選手は「素敵と言われた段階で満足。もう帰っていいと思うくらいです」と同年代の人気女優からの絶賛にメロメロだった。

また桐生選手は9秒98を出した心境を聞かれると「新聞の記事になったり、周りから声をかけられたりして、当日よりも次の日の方が実感があった」と振り返り「このままで満足せず、9秒台は通過点。陸上を始めた時から世界のファイナルに残りたいという目標があるので、向上心を忘れず」と浮かれず初心貫徹の構え。

それに土屋は「高い目標を持つということは気合がいりますよね!」と感激の声を上げつつ「私も高い目標を持っていきたい」と刺激を受けたよう。一方の桐生選手は土屋と目が合うと「照れる」と再びメロメロだった。

《石井隼人》

関連ニュース

編集部おすすめ