ライザップが海外店舗全て黒字化、海外展開を強化 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ライザップが海外店舗全て黒字化、海外展開を強化

新着 ビジネス

イメージ
イメージ 全 1 枚 拡大写真
RIZAPは、香港、上海、台湾、シンガポールの海外店舗全てで黒字化を達成し、海外展開の強化を決定した。

同社は、2020年度(2021年3月期)に向けた中期経営計画の中で個別戦略として圧倒的なスピードで海外展開しており、これまで上海店(中国)、シンガポール店、台北店(台湾)、香港店(中国)と出店を進めきた。今回、4拠点の海外店舗全てで黒字化を達成したことを受け、海外展開を強化する方針を決定した。

台湾でフィットネスクラブの出店数が2012年~2016年に年平均成長率23.6%を記録するなどダイエット市場が年々伸長していることや、シンガポールでフィットネスクラブ市場の急速な拡大傾向が見られることから、海外展開の強化に伴い、台湾とシンガポールでの第2号店オープンを予定している。

台湾第2号店は、台北市信義区にて2017年12月中にオープン予定。シンガポール第2号店は、クラーク・キー地区にて2018年春にオープンする予定だ。

《美坂柚木》

関連ニュース

編集部おすすめ