本田3姉妹、最新CMで驚異的な身体の柔らかさを披露 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

本田3姉妹、最新CMで驚異的な身体の柔らかさを披露

スポーツ 選手

本田3姉妹、最新CMで驚異的な身体の柔らかさを披露
本田3姉妹、最新CMで驚異的な身体の柔らかさを披露 全 47 枚 拡大写真
読売新聞社は、フィギュアスケート選手の本田真凜、女優・フィギュアスケート選手の本田望結、本田紗来が出演するCM「3姉妹の日常、はじめてプラン」篇を12月11日(月)より全国でオンエアする。

「3姉妹の日常、はじめてプラン」篇は、本田3姉妹が出演する読売新聞CMシリーズの最新作だ。舞台を第1弾CMのスケートリンクから自宅に移し、リビングで高校1年生の真凜、中学1年生の望結、小学4年生の紗来がくつろぎながら新聞を楽しむ姿を映し出す。

フィギュアスケーターの3姉妹は、新聞を読みながらもアスリートの姿を見せ、正面開脚する真凜、前後開脚する望結、ハムストリングのストレッチをする紗来と驚異的な身体の柔らかさを披露する。それぞれの年代にあった新聞を読み、初めて知る情報に出会う面白さや、それが話題のきっかけとなり、自宅で姉妹がだんらんするほのぼのとした様子が描かれている。

今回の撮影は、3姉妹が自宅で新聞を読んでいるシーンからスタート。監督が新聞を広げて待つ真凜に、「開脚するとしたら、どこまで足を開けますか?」と尋ねると、ほぼ180度の正面開脚を難なく披露した。

望結は「(真凜の脚と)当たらない方がいいですよね?」とスタッフにポジションを確認しながら、きれいな前後開脚を披露。紗来は正方形の絨毯にできたわずかなスペースを前に、どんなポーズをとればいいのか少し戸惑った表情を見せたが、姉の望結が考えたポーズを採用し、3姉妹のポージングが完成した。

撮影では、紗来がセリフを間違え、照れた表情を見せるシーンも。姉の真凜が紗来を優しくフォローするも、自身も開脚からうまく立ち上がれずNGに。それを見た2人が大笑いし、撮影現場が和やかなムードとなった。

《美坂柚木》

関連ニュース