日本ハム・清宮幸太郎が入院…腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性腹膜炎」と診断 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム・清宮幸太郎が入院…腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性腹膜炎」と診断

腹部に倦怠感や鈍痛、15日まで点滴治療などを受けて経過を観察 日本ハムは13日、ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が都内の病院で精密検査を受けた結果、腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性(げんきょ

スポーツ 短信
日本ハム・清宮幸太郎【写真:盆子原浩二】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:盆子原浩二】 全 1 枚 拡大写真
腹部に倦怠感や鈍痛、15日まで点滴治療などを受けて経過を観察 日本ハムは13日、ドラフト1位ルーキーの清宮幸太郎内野手が都内の病院で精密検査を受けた結果、腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性(げんきょ...

[続きを読む]

日ハム清宮が入院 腹腔内の一部に炎症がみられる「限局性腹膜炎」と診断

《Full-Count》

≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ