世界最大級のシェアサイクル「ofo」が和歌山市で日本初展開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

世界最大級のシェアサイクル「ofo」が和歌山市で日本初展開

OFO JAPANは、シェアサイクルプラットフォーム「ofo(オフォ)」の提供を3月28日(水)より和歌山県和歌山市にて開始する。

ライフ 社会
世界最大級のシェアサイクル「ofo」が和歌山市で日本初展開
世界最大級のシェアサイクル「ofo」が和歌山市で日本初展開 全 3 枚 拡大写真
OFO JAPANは、シェアサイクルプラットフォーム「ofo(オフォ)」の提供を3月28日(水)より和歌山県和歌山市にて開始する。

「ofo」は、2014年に創業した世界最大級のシェアサイクルプラットフォームだ。現在、世界21ヶ国250都市、1,000万台の自転車でシェアサイクルを展開している。今回、日本での初展開として、和歌山市でのサービス開始を決定した。

ofoのシェアサイクルは、専用アプリで全ての操作を完結できる。自転車には、スマートフォンアプリとGPS付きのスマートロックを搭載。ユーザーは、専用アプリで利用できる自転車の検索、車体のQRコードのスキャンによるロックの解錠、駐輪場所の検索、利用後の支払いなどを行うことができる。

自転車は、街中のofo専用ポート間で借り出し・返却ができるため、通勤・通学、街乗り、観光などのあらゆる用途に対応する。専用アプリは、App Store、Google Playでの公開を予定している。

ofoは、「スマートサイクルシティわかやま」計画の実現に向けてシェアサイクルの導入を推進している和歌山市に賛同し、官民連携による地域課題の解決に参画することを決定。後日、同市とのシェアサイクル事業に関する連携協定を締結し、サービス詳細を発表する予定だ。

《美坂柚木》

≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ