大迫傑もマラソン中は「退屈」なの?…東洋大学の選手たちがトップ選手を身近に感じた瞬間 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大迫傑もマラソン中は「退屈」なの?…東洋大学の選手たちがトップ選手を身近に感じた瞬間

東洋大学陸上競技部14人の選手たちが、8月24日にアメリカのオレゴン州・ポートランドで開催されたフッド・トゥ・...

オピニオン ボイス
大迫傑もマラソン中は「退屈」なの?…東洋大学の選手たちがトップ選手を身近に感じた瞬間
大迫傑もマラソン中は「退屈」なの?…東洋大学の選手たちがトップ選手を身近に感じた瞬間 全 1 枚 拡大写真

東洋大学陸上競技部14人の選手たちが、8月24日にアメリカのオレゴン州・ポートランドで開催されたフッド・トゥ・コースト・リレー (Hood to Coast)に出場すべく、ポートランドを訪れた。

レース前の8月22日にはオレゴン州が活動拠点である『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』に所属している大迫傑選手が、東洋大学の選手たちにアドバイスする機会もあった。

トップ選手でもマラソンは退屈なときもある?

テレビで見ていた憧れの選手と会えて感激した」と感無量の面持ちだった東洋大学の選手たちだったが、大迫選手の存在を身近に感じた瞬間もあったようだ。

それは、大迫選手の「マラソンは、退屈なところもある。それにどう気持ちの整理をつけるか。自分と向き合う競技でもあるし、自分はそれに向いているところもあると思っている」という発言を聞いたときだった。

大迫選手でも走ることを退屈に感じることがあるんだ、と驚きました。トップ選手でもそういうことはあるんだな、って」 そう素直な気持ちを吐露していた東洋大学の選手たち。

トップの選手でも、似たような感情をランニング中に抱いていると知り、少しほっとしたようだ。

とはいえ、退屈という感情に「どう気持ちの整理をつけるか。自分と向き合う競技でもある」と大迫選手が強調した部分を忘れてはいけない。 マイナスの感情を、どうコントロールするか。心を整える方法も、トップレベルになればなるほど磨いていく必要があるのだろう。

《大日方航》

《関連記事》

東洋大学がアメリカ合宿…大迫傑とのふれあいに「感激した」

大迫傑が東洋大学の選手たちの質問に直接回答「前進か後退しか、マラソンには存在しない」

《SPREAD》

≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめ