デサント、各競技連盟・協会のサプライウエア発表…コンセプトはRising to the Challenge | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

デサント、各競技連盟・協会のサプライウエア発表…コンセプトはRising to the Challenge

新着 衣類
デサント、各競技連盟・協会のサプライウエア発表…コンセプトはRising to the Challenge
デサント、各競技連盟・協会のサプライウエア発表…コンセプトはRising to the Challenge 全 13 枚 拡大写真
デサントは、デサントとデサントジャパンが契約を結ぶ各競技連盟・協会に、2019年シーズンよりサプライするウエアを発表した。

サプライウエアのデザインコンセプトは、「Rising to the Challenge(ライジング トゥー ザ チャレンジ)」。“常に高みを目指して挑戦する姿勢”を斜めにあがるラインを使って表現する。トレーニングジャケット、パンツ、Tシャツなどのデレゲーションウエアは、各競技連盟・協会共通のデザインとカラーを使用している。

デレゲーションウエアは、ベースにネイビーやグレーといったベーシックカラー、斜めのラインにはボーダープリントのグラデーションを使用。シンプルなデザインにより、選手のリラックス状態や集中力を高める。また、2019年春夏シーズンより展開する放熱を特徴とした独自開発の新素材「Coolist D-Tec」を採用し、快適な衣服内コンディションを保つ。

競技ウエアは、ベースに日の丸をイメージした赤と白を採用。はっきりしたライン使いでデザインに強弱をつけ、トレーニングジャケットを脱いで競技ウエアが見えた時のビジュアルのインパクトで選手をより強く、鮮やかに見せる。

ビーチバレーボールのレディース競技ウエアは、砂の付着と動きやすさに着目し、砂がついても取れやすい素材を表面に採用。トップスの中に着用するブラトップの肌面には柔らかい肌触りと肌に密着しやすいことを特徴とした素材を使用し、ボトム上部はフィット性を向上することで砂の侵入やウエアのズレによるストレスを軽減している。

《美坂柚木》

この記事の写真

/

関連ニュース