千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件

新着 ビジネス
千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件
千葉ジェッツふなばし・西村文男にアニメとゲームを語らせたら案の定ガチ勢だった件 全 1 枚 拡大写真

2018-2019年シーズンも激戦の東地区を制覇した千葉ジェッツふなばし。そんなチームの中でも、ひときわキャラが立っているのがポイントガード(PG)の西村文男(にしむら・ふみお)選手だ。

アニメやゲーム、ファッション、そして愛犬家という一面を持つ西村選手。夏のコミケにフルグラフィックTシャツで参戦する程度にはヲタクとしてのTPOを心得ており、本人も「サブカル好きで売ってます」と言い切るほど。

今回は、そんな西村選手にインタビューを行った。あまりバスケに馴染みのない人にこそぜひ知ってもらいたい、西村選手のパーソナリティに迫る。

※取材日は2019年4月中旬

深夜アニメはダウンロードしてイッキ見

撮影=戸嶋ルミ

――プロスポーツ選手は息抜きにアニメやゲームを楽しまれる方も多いと聞きます。西村選手は最近何かアニメを観ましたか?

西村選手(以下、敬称略):「最近は『転生したらスライムだった件』『ゴブリンスレイヤー』『オーバーロード』『Re:ゼロから始める異世界生活』『盾の勇者の成り上がり』をイッキ見しました。新しいアニメが始まるときは友人からおすすめタイトルの連絡が来るんですよ。その情報をもとに動画配信サイトからダウンロードして、移動のときなどに観ています」

――これまでたくさんのアニメを観ているようですが、過去観たタイトルの中で一番オススメしたいアニメは何ですか?

西村:「オススメする相手によるので簡単には選べないですが、一番印象に残っているのは『彼氏彼女の事情』ですね。当時中学生の思春期の時期に観たんですが、あの世界観が好きです。すごい自分の中に残っています。主人公がどんどん闇堕ちしていくところが……」

バスケ歴=ゲーム歴

――アニメをご覧になられる他、ゲームもよくプレイされると聞きますが

西村:「そうですね。今はアニメよりゲームをやる方が多くて、家ではプレイステーション4で『PUBG』をプレイしています。遠征とかの出先ではモバイルで『天地の如く』をやっています。バスケは小学校1年生から始めたんですけど、それと同じくらいの頃からゲームもやり始めたので”バスケ歴=ゲーム歴”というか。(バスケとゲームは)ずっと並行してやってきた感じなんですよね」

西村選手が最近メインで遊んでいるという『PUBG』とは、孤島で100名のプレイヤーが生き残りをかけて戦うサバイバルゲーム。チームメイトやプライベートの友人などを交えて一緒にチームを組み、オンライン対戦を楽しまれているそうだ。

西村:「チームでは原(原修太)と大宮(大宮宏正)と田口(田口成浩)とやってます。僕が始めたタイミングでみんなにも始めさせたんですけど、最近は誘っても連絡が返ってこないです。そろそろ廃部かな……」

――『PUBG』はいつ頃から始めたんですか?

西村:「2ヶ月前くらいからです。興味はあったけどやる前からハマるのが分かってたんで敢えて手を出さなかったんですよね。その前は『三国天武』っていうゲームにどハマりしてて、プレイし始めてもう4年目くらいなんですけど、毎日5~6時間ログインしてました。他のゲームと同時並行できないから、動画サイトでPUBGのプレイ動画を流し見しながら、『三国天武』をタブレットでプレイしながら、スマホで違うゲームしてましたね。一人マルチプレイが特技なんで」

「(『PUBG』のプレイ動画だと)『兄者弟者(あにじゃおとじゃ)』さんとか、『恭一郎(きょういちろう)』さん、あと『SHAKA(シャカ)』さんはよく観てました。『PUBG』って1試合に結構時間がかかるのもあって敬遠してたんですけど、『三国天武』も長いことやってたのでちょっと飽きてきて、そのタイミングで(PUBGを)始めました。キルしたときに味わえる、バスケとは違った緊張感が醍醐味ですね」

――普段からインスタライブを行うなどSNSを積極的に活用していますが

撮影=戸嶋ルミ

西村:「3DSで『モンスターハンター』をやっていたときは、ツイッターで”今からやるよー”って部屋番号ツイートして、訪れてくれた人と一緒に遊んでました。僕の中ではSNSはコミュニケーションツールだと思っているんです。チームが優勝したときとかの節目ではバスケのことも投稿しますけど、基本ゲームとかニコル(西村選手の愛犬)の話しかするつもりがないですね」

ファンの人のためにとか、ファンサービスとかでSNSをやっているわけではなくて、ゲームの話をしているときにゲームに詳しい人からリプライが来たら返信しますし、アニメの話に乗っかってきてくれても返信しますね。話が合えば(ジェッツや西村選手のファンでなくても)友達感覚でやりとりします」

なお、ここまでバスケットボールの話題は一切出ていないが、西村選手は4月26日(金)から始まったB.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19に千葉ジェッツふなばしのメンバーとして出場している。

アニメファンやPUBGプレイヤーの方で西村選手に興味を持った人がいたら、ぜひ声援を送ってみてほしい。アニメ・ゲームファンからの声援もきっと力になるはずだ。

また、西村選手からは「僕をマルチでドン勝に導いてください。上級者求む!」とのことだったので、我こそはという人はぜひ西村選手のSNSをチェックしてみてほしい。

>インタビュー後編はこちら

※打消し線が入ってしまっていますが、正常にアクセスできます

プロフィール

撮影=戸嶋ルミ

西村文男(にしむらふみお):ツイッター インスタグラム

  • 1986年9月24日生まれ、三重県出身
  • 千葉ジェッツふなばし所属のポイントガード(PG)で、背番号は11番
  • 『PUBG』でよく使う武器はM4、リコイル(スナイパーならM24)
  • インタビュー前日も野良スクワッドで2回ドン勝したとのこと

≪写真・文 戸嶋ルミ≫

※2019年5月7日更新:「岡田(岡田優介 元・千葉ジェッツ、現・京都ハンナリーズ)」⇒「原(原修太)」
記載に誤りがございました。ご迷惑をおかけした読者の皆様、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

《SPREAD》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代