ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立

スポーツ 短信
ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立
ドローンサッカー普及、地域コミュニティの活性化を促進する日本ドローンサッカー連盟設立 全 2 枚 拡大写真
AOSテクノロジーズ、オートバックスセブン、オーイーシーの3社は、ドローンサッカーを通じ、地域コミュニティの活性化を促進することを主目的とした「日本ドローンサッカー連盟」を設立した。

ドローンサッカーは、球状のプラスチックフレームに覆われたドローンサッカーボールを使用し、5対5で戦う韓国発祥の戦略型チームスポーツだ。最大幅20m×奥行10m×高さ5mの区切られたフィールド空間で、オフェンス用ドローン1機、オフェンスの支援や自ゴールのディフェンスをする4機を使用し、ドローンをドーナツ型のゴールに通すことで得点を競う。

日本ドローンサッカー連盟は、ドローンサッカーという競技を通じた地域コミュニティの活性化や青少年の健全な育成、バリアフリースポーツの導入と展開、浸透、ドローン操縦技術の向上を目的に設立。デモンストレーション等のイベント企画・運営、トーナメント大会の開催、ドローンサッカー普及に関する活動を行う。

12月21日(土)には、大分県大分市にて直径40cmの競技用機体を使用した日本初のドローンサッカートーナメント大会の開催を予定。2021年から2023年にかけてアジア大会や世界大会、2025年には第1回ワールドカップを開催することを視野に入れ、今後の活動を行っていく。また、日本ドローンサッカー連盟への参画企業や会員の募集を開始する。

《美坂柚木》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

関連ニュース

編集部おすすめ