奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す

新着 ビジネス
奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す
奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す 全 1 枚 拡大写真

バドミントンのワールドツアーファイナルズは12月13日に大会3日目を迎えた。女子シングルスの奥原希望選手は、予選リーグ第3戦でタイのラチャノック・インタノン選手に21-14、21-12で勝利した


3連勝を飾った奥原選手は決勝トーナメント進出が決定。試合後に「決勝トーナメント進出です」の題でインスタグラムを更新した。


「試合をするごとに自信もついてきて今とても充実しています! 156センチの身体を使い切ってコートの中を走り切ります」




初戦で強敵に競り勝ち全勝で予選突破


奥原選手は初戦で台湾のタイ・ツーイン選手と対戦し15-21、21-18、21-19の接戦で勝利


今年は決勝戦まで進むも勝ちきれない大会が続いた奥原選手。世界ランク1位のタイ選手を下した試合後「やっとトップ選手に勝てた」と胸を撫で下ろした。




予選リーグ第2戦はタイのブサナン・ンバルンパン選手に21-12、21-10で勝利。過去の対戦ではしぶとく粘られてきた相手に完勝した。


第3戦のインタノン選手は前日にタイ選手と対戦し、その疲れがあるはずと奥原選手は予想していた。


「彼女は難しい相手ですが、昨日のタフな試合のあとで疲れていると思っていたので、私は自分のスピードをキープしようとしました」


奥原選手も連戦の疲れは残っていたが我慢。狙いどおりインタノン選手が先に集中力を切らした。




勝ちを積み重ねるほど自分のプレーへの自信も深めている。昨年は決勝でインドのシンドゥ・プサルラ選手に19-21、17-21で敗れ準優勝だったが、今年こそ4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す


《SPREAD》

≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめ