体動捕捉センサーがバイク、スイム、ゴルフの専属トレーナーに!? グラフ化・数値化【ウェアラブルEXPO16】 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

体動捕捉センサーがバイク、スイム、ゴルフの専属トレーナーに!? グラフ化・数値化【ウェアラブルEXPO16】

ウェアラブル ビジネス

リアルデザインが参考出品した高精度体動捕捉センサー「duranta MOTION」(ウェアラブルEXPO/東京ビッグサイト/1月13~15日)
リアルデザインが参考出品した高精度体動捕捉センサー「duranta MOTION」(ウェアラブルEXPO/東京ビッグサイト/1月13~15日) 全 7 枚 拡大写真
リアルデザイン(仙台市)は、ウェアラブルEXPOで、自転車やスイム、ゴルフといった現場で計測できる高精度体動捕捉センサー「duranta MOTION」を展示。「自転車でトレーニングする人などに向けて、年内に7000~8000円で販売したい」という。

この高精度体動捕捉センサー「duranta MOTION」は、頭部・頭脳の動きを把握するデバイス。運動時の頭部の動きから、身体の動きをリアルタイムに捕捉し、フィードバックを行いながら競技レベルの向上に貢献するというもの。

たとえば、このセンサーが埋め込まれた自転車用ヘルメットを着用してバイクを駆ると、高精度の心拍捕捉とペダルの回転数を同時に読み取ってくれるという。

「ヘルメットをかぶった瞬間から測定が始まり、記録データはスマホなどに転送されて、心拍情報やべダル回転数、頭部位置などがグラフ化される。別パーツの『duranta』と、duranta MOTIONを組み合わせれば、心電図と体動センサーによる波形が表示されるようになり、ピーク波形との相関性が把握できる」(同社スタッフ)

このバイク向け新デバイスの担当者は、「ターゲットはバイクやゴルフ、スイムに時間を割くハイアマチュア。心拍数やストローク数、ラップタイム、ペダル回転数、フォロースルーなど、さまざまなアクションを数値化できる。専属トレーナーはつけられないけど、数値的なコーチングがほしいという人に訴求したい」と伝えていた。

《大野雅人》

関連ニュース

編集部おすすめ