中日、ルーキー・京田陽太の決勝打で阪神に連勝…ビシエドには待望の今季第1号 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、ルーキー・京田陽太の決勝打で阪神に連勝…ビシエドには待望の今季第1号

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
野球ボール イメージ 全 1 枚 拡大写真
中日は4月20日、ナゴヤドームで阪神と対戦。ルーキー・京田陽太内野手の決勝打により、5-2で勝利した。

中日は0-1と1点ビハインドで迎えた7回裏、平田良介外野手のソロ本塁打で同点とすると、続く2死満塁の好機では、前の試合で阪神・鳥谷敬内野手のサヨナラタイムリーエラーをさそう打球を放った京田が適時二塁打を放って3-1と勝ち越しに成功。

8回表、阪神の高山俊外野手の適時打で1点差に詰め寄られるも、8回裏には主砲・ビシエド内野手が今季第1号となる2点本塁打を放ち、5-2とリードを広げた。

投げては、先発の大野雄大投手が6回1失点と好投し、勝ち星はつかずも勝利に貢献。対する阪神は、6回まで中日打線を無得点に抑えていた先発の青柳晃洋投手が7回に崩れた。


《浜田哲男》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)