「チェルシーこそがベストなチーム」と負けを認めるトッテナム指揮官、来季こその思いを強くする | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「チェルシーこそがベストなチーム」と負けを認めるトッテナム指揮官、来季こその思いを強くする

スポーツ 短信

マウリシオ・ポチェッティーノ監督(2017年5月5日)
マウリシオ・ポチェッティーノ監督(2017年5月5日) 全 1 枚 拡大写真
2シーズンぶりのイングランド・プレミアリーグ制覇を成し遂げたチェルシー。あと一歩及ばなかったトッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、彼らこそがベストなチームだったと勝者を称えた。

「我々がどこか別の部分で彼らを上回っていたと言うのは難しい。プレミアリーグで優勝したのはチェルシーだからだ。プロフェッショナルであってもサッカーの愛好者であっても、優勝したチームは最高のチームだったということ以外に理由を分析するのは難しい」

「チェルシーのプレミアリーグ優勝を祝福する以外には何も言えない」とポチェッティーノ監督。2年連続で終盤に優勝を逃した自チームについては、改善点を見つけてさらに成長したいと語った。

「我々の視点ではどこか来シーズンに向けて改善すべき点があるかもしれない。来シーズンの我々はもっと強くなり、様々な部分を改善する必要がある」

《岩藤健》

関連ニュース

編集部おすすめ