味の素、バドミントン日本代表選手の帯同サポートを実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

味の素、バドミントン日本代表選手の帯同サポートを実施

スポーツ 短信
味の素、バドミントン日本代表選手の帯同サポートを実施
味の素、バドミントン日本代表選手の帯同サポートを実施 全 14 枚 拡大写真
味の素は、「ビクトリープロジェクト」を通じて、バドミントン男女混合の世界の頂点を争う「スディルマンカップ2019」に出場する日本代表選手の帯同サポートを実施する。

「ビクトリープロジェクト」は、世界を舞台に戦うトップアスリートに「食とアミノ酸」によるコンディショニングサポートを行うプロジェクトだ。今回、ビクトリープロジェクトサポートメンバー、調理師が選手に先駆けてスディルマンカップ2019の開催地である中国入りした。

スディルマンカップ2019でのビクトリープロジェクトは、「勝ち飯」を通じた帯同サポートを行う。具体的には、筋肉を良い状態に保つためのアミノバイタル製品提供とニュートリションプランの提案、コンディションを維持(リカバリー)するための食事の提供、エネルギーを切らさず持続させるための補食の提供を実施する。

食事は、海外では摂取しにくい栄養素の補完を行う。大会直前には、アスリートの栄養環境を改善する栄養プログラム「勝ち飯」会を実施する。補食には、だし入り小分けおにぎり「Power Ball」や特設スペース「エネルギーブース」の設置を行う。

《美坂柚木》

この記事の写真

/

関連ニュース