千葉ジェッツ、B1経営ランキング1位に…Bリーグ マネジメントカップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

千葉ジェッツ、B1経営ランキング1位に…Bリーグ マネジメントカップ

新着 ビジネス
千葉ジェッツ、B1経営ランキング1位に…Bリーグ マネジメントカップ
千葉ジェッツ、B1経営ランキング1位に…Bリーグ マネジメントカップ 全 3 枚 拡大写真
デロイト トーマツのスポーツビジネスグループは、国内男子プロバスケットボールリーグ BリーグのB1、B2に所属する全クラブを対象にした「Bリーグマネジメントカップ 2018」の集計結果を発表した。

「Bリーグマネジメントカップ」では、Bリーグから公表されたB1とB2に所属する36クラブの2017~2018年の財務情報など公開情報をもとに、Bリーグ所属クラブをビジネスマネジメントの側面(経営面)からランキング。「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」の4つの視点で計11のKPI(重要業績評価指標)を設けて分析しており、ランキングはそれぞれのKPIを数値化して集計している。

各KPIは、マーケティングが「平均入場者数」「アリーナ集客率」「客単価」、経営効率が「1勝あたりチーム人件費」「1勝あたり入場料収入」、経営戦略が「売上高・チーム人件費率」「SNSフォロワー数」「グッズ関連利益額」、財務状況が「売上高」「売上高成長率」「自己資本比率」の計11項目。

B1は、「千葉ジェッツ」が1位を獲得した。千葉ジェッツは、経営効率分野は7位だったが、マーケティング分野2位、経営戦略、財務状況で1位という好成績をマーク。Bリーグ全体で唯一平均入場者数5,000人台を突破した集客力が、好成績の原動力となった。常時アリーナ集客率が85%を超える「満員のアリーナ」を作り出したことが、リピーターの創出やスポンサー獲得へと繋がっていると考えられる。2位は「琉球ゴールデンキングス」、3位は「栃木ブレックス」だった。

B2は、「秋田ノーザンハピネッツ」が1位を獲得。B1から降格した秋田ノーザンハピネッツは、観客数がB2平均の2倍近かった他、売上高がB1時代の前年を上回っている。売上高・チーム人件費率や自己資本比率も健全で、フィールドマネジメント面の成績に左右されない堅実な経営が行われていると言えそうだ。2位は「広島ドラゴンフライズ」、3位は「熊本ヴォルターズ」だった。

《美坂柚木》

この記事の写真

/

関連ニュース