日本陸連が提供するランナー向け保険が補償範囲を拡大 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本陸連が提供するランナー向け保険が補償範囲を拡大

スポーツ 短信
日本陸連が提供するランナー向け保険が補償範囲を拡大
日本陸連が提供するランナー向け保険が補償範囲を拡大 全 3 枚 拡大写真
日本陸上競技連盟は、マラソン大会関係者・ランナー向け保険「日本陸上競技連盟ロードレース補償制度」をバージョンアップし、補償範囲を拡大した。

「日本陸上競技連盟ロードレース補償制度」は、日本陸連公認大会、JAAF RunLink加盟大会へ提供する共通の保険サービスだ。加入費用は、各大会と包括して契約することで1名当たり120円。事故があった際、ランナーには入院見舞金や死亡後遺見舞金などが支払われる。

市民マラソン大会の統括・支援、個人のライフスタイルに合わせたランニングを楽しめる環境・機会を提供することを目的に、日本陸連の新プロジェクト「JAAF RunLink」が中心となり、サービスを行っている。

今回のバージョンアップでは、医師、看護師、伴走ドクターを対象にした保険を追加。大会開催時の医療行為に起因して、患者に身体の障害(死亡も含む)を与え、医療行為者が法律上の賠償責任を負担することによって生じる損害を補償する。なお、加入費用は1名120円のまま、追加負担なしで補償範囲が拡大している。

《美坂柚木》

この記事の写真

/

関連ニュース