浦和レッズ、ルヴァン杯4強入り…槙野智章がゴールを喜ぶ高木俊幸を紹介 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

浦和レッズ、ルヴァン杯4強入り…槙野智章がゴールを喜ぶ高木俊幸を紹介

スポーツ 写真

槙野智章(浦和レッズ)のインスタグラムより
槙野智章(浦和レッズ)のインスタグラムより 全 3 枚 拡大写真
JリーグYBCルヴァンカップの準々決勝第2戦が9月4日に行われ、浦和レッズはホームにヴィッセル神戸を迎えた。4-0で勝利しベスト4進出が決定した。

序盤は神戸にゴールを脅かされるが、守り切った浦和。前半39分にFW高木俊幸が先制点を奪うと、同43分に高木が相手エリア内で倒されPKを獲得。MF阿部勇樹が落ち着いて決め2-0で折り返した。後半15分、またも高木が得点。最後はFW李忠成がダメ押しの4点目を挙げ、3年ぶりの4強入りとなった。

試合後、ケガのため欠場したDF槙野智章がインスタグラムを更新。「みんなお疲れ様でした!」と3得点に絡む活躍で勝利に貢献した高木が“変顔”する写真を投稿。「ゴールを決めると嬉しくて、嬉しくて、たまらない高木くんです」と槙野は紹介している。


高木は2015年に清水エスパルスから加入した。元プロ野球選手の高木豊氏の長男でふたりの弟もJリーガーだ。

槙野のインスタグラムにファンからは、「大活躍!おめでとうございます!」「高木選手のゴール待ってた!」「ナイス勝利!」「ヒーローが変顔!」「あご(笑)」「アゴ出ててもかっこいいです高木選手!」「みなさんお疲れ様です!」などのコメントが寄せられていた。

ルヴァンカップの準決勝には、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、FC東京が進出している。

《桜川あさひ》

関連ニュース

編集部おすすめ

ブランドコンテンツ(PR)