【THE REAL】稀代の天才、MF小野伸二の現在位置…コンサドーレ札幌をJ1に導き、定住させるために | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】稀代の天才、MF小野伸二の現在位置…コンサドーレ札幌をJ1に導き、定住させるために

オピニオン コラム

小野伸二 参考画像
小野伸二 参考画像 全 8 枚 拡大写真
レストランや観客席、オフィシャルショップが併設された北海道コンサドーレ札幌の練習拠点「宮の沢白い恋人サッカー場」へ、MF小野伸二はいつも練習がスタートする2時間前には到着している。

もちろん、選手たちのなかで誰よりも早い。同じ敷地内にあるクラブハウスでトレーナーに身体をケアしてもらうなど、入念な準備を積んでからグラウンドへ足を踏み入れる。

◆9月に37歳

オーストラリアの強豪、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCから加入したのが2014年6月。以来、ルーティーンとなっている小野の練習に取り組む姿勢に、四方田修平監督も目を細める。

「全員でランニングするときには先頭に立っている姿を含めて、日々のトレーニングの雰囲気を非常によくしてくれているので、助かっていますよね」

高校サッカー界の名門、清水商業(現清水桜が丘)から浦和レッズに加入した、1998年にスタートさせたプロのキャリア。9月に37歳となる小野にとって、コンサドーレは延べ7つ目の所属クラブとなる。

もっとも、けがの影響などもあって1年目はわずか7試合、2年目の2015シーズンも17試合の出場にとどまった。チームもともに10位に終わり、2012シーズン以来、遠ざかっているJ1昇格を果たせなかった。

もっとも、今シーズンは違う。27試合を終えた時点でJ2の首位を快走。2位の松本山雅FCに勝ち点6差をつけ、44得点はリーグ2位、19失点は同最少と攻守が抜群のハーモニーを奏でている。

「いま首位にいるということ自体が、1年目よりも2年目、2年目よりも3年目で多くのことが変わった証じゃないかと思いますよね」

自らが加入して以降のコンサドーレが遂げてきた変化を、小野もポジティブにとらえている。もっとも、股関節痛などを患ったこともあって、小野自身はなかなか試合に絡めない日々が続いている。

◆絶対的な“違い”

先発したのは東京ヴェルディとの開幕戦だけ。以降は7試合で途中から出場し、最長プレー時間も25分に甘んじているなかで、ピッチに立ったときには絶対的な“違い”を見せつけてきた。

たとえば、横浜FCのホーム、ニッパツ三ツ沢球技場に乗り込んだ11日の一戦。0‐1と1点ビハインドで迎えた後半30分に投入された小野は5分後、あわや同点のチャンスを演出している。

相手ゴールに向かって右側、約45度の位置で獲得した直接フリーキック。小野の右足から放たれたボールは鋭いカーブの軌道を描きながら、相手キーパー南雄太が飛び出せない空間を切り裂いていく。

ターゲットはファーサイド。リーグ3位となる13ゴールをあげている、187センチの長身FW都倉賢がジャンプした最高到達点と、文字通りピンポイントで一致する。

都倉の頭に弾かれたシュートが、ゆっくりとゴール右隅へと吸い込まれていく。逆を突かれた南は反応できない。誰もが同点と思った瞬間、横浜FCのDF西河翔吾が必死の形相で身体を投げ出してくる。

まさにゴールラインぎりぎりで、西河が頭でシュートをかき出す。この瞬間、雌雄は決したといっていい。獲得した3本のコーナーキックを担い、アディショナルタイムには約25メートルのミドルシュートも放ちながら、ゴールに絡めなかった小野は悔しそうに天を仰いだ。

「あれ(都倉のシュート)が入っていればチームの雰囲気も変わったと思うけど、相手もここまで上位を相手に勝ってきているチームなので、粘り強さというものはすごいものがあった。勝てなかったこともそうだけど、そういう相手に気持ちをもって戦えていなかったことがすごく残念だったと思います」

◆「10」で途切れた不敗記録

ジェフユナイテッド千葉、セレッソ大阪をともに逆転で下すなど、波に乗る横浜FCの闘志と執念の前に味わわされた黒星で、6月13日のV・ファーレン戦から続けてきた不敗記録は「10」で途切れた。

それでも、Jリーグだけでなく、オランダやドイツ、オーストラリアのリーグで長くプレーし、重厚かつ濃密な経験を積んできたベテランは、チームメイトへのメッセージとばかりに心配無用を強調する。

「この負けを特にネガティブにとらえる必要はないし、次の試合へ向けてもう一度気持ちを引き締めて、みんなが力を合わせてひとつになってプレーできれば、必ず勝ち点3を取れるはずなので。それだけを目指してやっていきます」

【次ページ 「8」という数字にこだわり】
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《藤江直人》

関連ニュース

編集部おすすめ